Schwarzschild im@s ブログ(仮称)

ニコニコ動画に投稿している、シュヴァルツシルトW2×imasのアイマス架空戦記「Schwarzschild im@s(シュヴァルツシルト アイマス)」や、ノベマス「春香の願い、小鳥の願い」、及びその他投稿動画に関して。連絡用ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「春香の願い、小鳥の願い」とSFネタと

 「春香の願い、小鳥の願い」に関して、なかなか深い考察をなさってるサイトがあったので、ちょっとご紹介を、と。




 という訳で、以下、「春香の願い、小鳥の願い」と、「Schwarzschild im@s」のネタバレをちょっと含みます。

朝だ、2424の時間だ タイムトラベルとラブロマンスは相性がいい


朝だ、2424の時間だ ニコマス:「『世界』へ向けて歌え」感想



 ※ある意味、人によっては今後の予測に関してのある種のネタバレになるかも知れませんので、開くかどうかは自己責任で。

 という訳で、リンク先の、作品についての考察及び今後の予測等について、ここで選んで話題にすると逆にネタバレになっちゃいそうなので、詳しくは触れられませんが、なかなか深い考察になってます。ここまで作品を読み込んで頂けると、作った方としましても、製作冥利に尽きると言いますか。

 「春香の願い、小鳥の願い」に興味を持って頂いた方でしたら、なかなかお奨めなのです。

 それと、リンク先で色々なSF作品に触れられてるのが興味深いです。で、こんなコメントとかもあったりする訳ですが。

エグザスP…… 実はイーガンとか好きだろ…… と予想してみる。ジーン・ウルフの『ケルベロス第五の首』とかも好きだろ(笑



 確かにSFは多少は読んでいるかも知れません。でも、イーガンも、ジーン・ウルフもまだ読んだ事が無かったり。すみません。というか、その辺りのSF小説の話題で逆に興味を持った、というか。いずれ読んでみたいと思いましたw

 SFだと、レイ・ブラッドベリとかが好きですね。特に『飛行具』が印象に残っていたり、とか。ちなみに、時間ネタのSF小説、というと、最初に思い浮かぶのが「ゲイルズバークの春を愛す」(ジャック・フィニイ)だったりします。あれをタイムトラベルと呼ぶのかどうかは別にして。

 ちなみに日本のSF小説だと、最初に思い浮かぶのが『時間犯罪者』こと佐藤大輔の「地球連邦の興亡」やら「遥かなる星」シリーズやらだったりするのは、まぁ、Schwarzschild im@sをご覧になっている方の中での、一部の御大信者の方であればまぁ推測のつくことだろうとは思いますが……。って脱線ですねこれは。ええ、今でも続編待ってます。パシストもパナマも信長も。ってこれもまた脱線ですね。


 それと、小説に限らなければ、タイムスリップ、時間旅行モノで一番好きな作品は多分ドラえもんですね。いや、結構本気で。それと、バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ三部作。この三部作、話の根っこが明るいのが実に良いなぁ、と。


 ちなみに、リンク先で「ひぐらし」という単語が出てきたりしています。動画でもそういうコメントをされる方もいらっしゃいますね。ですが、自分はひぐらしは未履修だったりします。だから、おお、そういう作品だったのか、と逆に驚いたり。
 ちなみにコメント等では「デザイア」という作品も話題に出てきていますが、こちらも未履修だったり。ever-17も。ただし、yu-noは履修しました。『時は可逆、歴史は不可逆』という考え方は本当にカッコイイと思います。それと、クロスチャンネルも履修済みです。


 さて、そんなリンク先の記事なのですが。予測や考察以外で、こんな部分が。

しかし、最初にも書いたけど、エグザスPの春香さんの「いい子すぎて痛々しい」度は異常!!
「みんなに笑ってもらいたい」「みんなのこと大好き」っていうことだけに一生懸命になって、自分の幸福を忘れる…… 顔で笑って心で泣く春香さん…… 
記憶だけ残して遠未来にぶっ飛ばされた上に戦争の指揮をいきなりやらされても、Pとの別れを経て永遠の時間の環のなかに閉じ込められても、明るくて、人に優しくて、本質的な善良さを失えない春香さん……うがああああ!! 驚きの白さ!!




 どうも、自分の中では春香にそんなイメージがあったりもするようです。それこそが『アイドル』春香、というか、なんというか。まぁ、そういうことですw

 さて、そんなこんなで「春香の願い、小鳥の願い」なのですが、続きはもうちょっと先になりそうです。ちょっと色々と忙しい状態なので。
 で、上に触れられているSchwarzschild im@sですが、「春香の願い、小鳥の願い」しかまだ見てないよー、という方には、続編を待つついでに、宜しければこちらもご覧になってみて下さい、と宣伝してみたりw

 作品の方向性として、シュヴァルツシルトを知らない方でも、また、アイドルマスターを知らない方でも楽しめる動画を目指しておりますので、ゲーム自体を知らない、という方でも是非、お気軽に、と。


Schwarzschild im@s(シュヴァルツシルト アイマス) 第一話




 また、ネタバレ上等で、真面目な話はさておき、とりあえずSchwarzschild im@s本編の春香や千早がどんなキャラか見てみたい、という方は、番外編からご覧になっても良いかも知れません。番外編は、要は作品世界の補足説明用動画ではあるのですが、「ずっと千早のターン!」ですので(謎)



Schwarzschild im@s(シュヴァルツシルト アイマス) 番外編1-1




 とかく、そんなこんなで考察記事のご紹介なのでした。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<即興短編作成 | HOME | ノベル系短編動画 「春香の願い、小鳥の願い」 中篇:「『世界』へ向けて歌え」-1公開しました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。