Schwarzschild im@s ブログ(仮称)

ニコニコ動画に投稿している、シュヴァルツシルトW2×imasのアイマス架空戦記「Schwarzschild im@s(シュヴァルツシルト アイマス)」や、ノベマス「春香の願い、小鳥の願い」、及びその他投稿動画に関して。連絡用ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

近況とか+ひさびさに衝撃を受けた動画

 気がつけば大変お久しぶりです。なんかいつの間にかもうすぐiM@S架空戦記ウソPart1祭りだとか間に合うかだとかそんなところですが皆様如何お過ごしでしょうか。

 それはさておき、ウソpart1に限らず~で架空戦記、というような妄想はアイマス架空戦記界隈の方ならよくあるネタな訳ですが、そんな中で以前自分がほんのちょっとだけ妄想したのがkiller7で架空戦記、という奴でした。
 まぁ、どんなゲームなのかは動画等もニコニコにもいっぱい上がってますので、そちらをご覧頂ければ、と思うのですが、まぁ、あくまで自分は妄想しただけだったんですね。ただのネタとして。(……というか千早でイワザルとか妄想したりしました。すみません(殴))

 ……ところが、実際にやってらっしゃった方が居ました。

 いや、正確には架空戦記ではなくてPVなのですが。

 チヒロP氏製作



 いやはや。

 冒頭から吹きますが、そこから先も、本編音楽との合わせ具合が凄い。亜美真美が実に妖艶。背徳的という言葉が合います。そしてその後の美希はこれまたカッコイイ、という。

 でもって、できれば、動画を見てから以下は読んで欲しい話なのですが。(以下ゲーム及び動画のネタバレを含みます)

 この亜美真美が踊っているシーンで流れている音楽、「カーティス邸」というゲームステージの音楽だったりするのですが、このステージのボス、カーティスとは、こんな人物だったりします。


http://ja.wikipedia.org/wiki/Killer7


カーティス・ブラックバーン (Curtis Blackburn) 59歳(声:Alastair Duncan)
殺し屋。過去「シアトル自衛団」に所属し、同団員だったダン・スミスにとっては殺しの師匠にあたる。そして弟子である当時のダンを殺したのもこの男である。シアトル自衛団から脱退の後、合衆国官公庁に潜伏。裏では移民局を通して孤児の人身売買や臓器売買で私腹を肥やしていた。少女を性対象とするペドフィリアで、孤児のうち女子は引き取って自邸に囲い、さらには少女達を殺し剥製にした上で自室の壁に並べるという猟奇的な行為にまで及んでいる。



 コメントからも伺えるように、カーティスは下手したら亜美真美ぐらいの年、背格好、それどころかもっと若い子まで手を出していた訳で。実際、ステージ中に、(恐らく性対象とされた果てに)剥製にされた女の子達の姿が出てきたりします。(ちなみに、自動で剥製を作成するマシンのある部屋があり、最後はカーティス自身がそこで剥製にされるという末路を辿る。)そのステージ音楽を背景に踊る妖艶な亜美真美。肩と背中、肌が多めに露出した黒いドレス、そしてどこか物憂げで、控えめな、でも何か誘っているようにも思える表情。恐ろしいほどに意味深で、そしてダーク。
 単に動画としてみてもその背徳感が凄いのに、背景を踏まえるとさらにまた、という。

 ちなみに、ここでの亜美と真美の切り替わり、本当に自然で凄いと思います。そこも是非見て欲しいです。


 さて、さらにその後、音楽が切り替わって美希が登場しますが、ここで途中でメイド服に切り替わった美希に対して、「サマンサ」というコメントが多数流れているかと思います。

 で、この「サマンサ」とは、説明しにくいのですが、とかくこういう人物なのですね。

サマンサ・シットボーン (Samantha Sitbon) 19歳(声:Heidi Anderson)
アルバイトでハーマンを介護する大学生、あるいはハーマンに仕えるメイド。劇中ではこの2つの顔が使い分けられ、いずれが真実の姿とも捉えられないように描かれている。物語終盤に謎の「失踪」を遂げるが、彼女の生死はおろか、その意味は多くの解釈の余地を残し定かではない。
主にハーマンの非覚醒時には学生の姿、覚醒後にはメイドの姿で現われる。大学生としてのサマンサは現代的なファッションで介護対象のハーマンを虐待する自堕落かつ性悪なサディスト。その一方、メイドとしてのサマンサは質素なエプロンドレスを着用し感情を顕にせずハーマンに忠実に仕える良き部下である。



 で、「サディスト」との表現が出ていますが、ハーマンに対しての性的暴行を伺わせるシーン(もっとぶっちゃけて言ってしまえば車椅子のハーマンに跨って喘ぐ)すら出てきます。極端な二面性を持つキャラ(という呼称が正しいかどうかはさておき)なのですね。表シナリオと裏シナリオの二面性を持つ美希と、意味を重ねているような意図も伺えるかも知れません。

 そしてラストの10秒。これこそまさに衝撃でした。とかくカッコイイ。ちなみに、血のようになって砕けるのはゲームそのものの演出で、最後にこれを持って来るか、と。



 ちなみに、チヒロP氏のお名前はソウルハッカーズ関連の動画2作で知りました。





 ソウルハッカーズ好きである当方(これは、当方の「春香の願い、小鳥の願い」をご覧になっている人なら分かってる人も居たかと思いますが(Schwarzschild im@sやでもちょっと使いましたね))としては、本当に外せない好きな動画なのですが、そのお名前で過去作を他の作品を拝見したら発見した、と言うわけでした。この2作品も本当にお勧めです。


 というわけで、とかく、解説だかなんだか分からない文章になってしまった気もしますが、とかく、個人的に衝撃だったのでした。


 ……さて、冒頭で触れたウソM@Sですが、一応出すつもりではいます。お楽しみ頂ければ、と。そんなこんなのこの頃ではおります。

 ではでは。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ニコニコの仕様変更とか、製作状況とか | HOME | 「春香の願い、小鳥の願い」 中篇:「『世界』に向けて歌え」-3Aについて(2)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。